時には夫婦2人を挙式のゲストに呼ぶ事もあるでしょう。その際には、引き出物に注意する必要があります。2人がそれぞれお祝儀を出してくれる事もあります。ですので、夫婦で一つではなく、それぞれに引き出物を贈る様にしたいですね。

そうすると不満が出る事もないでしょう。同じ物が2つあっても使わない事もありますので、その場合には、それぞれに別の物を引き出物として贈るのもいいかと思います。引き出物の値段に差が出ない様にするなど、納得してもらえるかどうか考えたいですね。

すべてのゲストにとって良くなる様に考えた上で引き出物を贈る事で、これからもきっといい付き合いを続ける事ができるでしょう。

Read more

縁起がいい物が用いられる結婚式場において、縁起の良くないと言われている物を引き出物として贈る事がない様に気をつけたいですね。

刃物は物を切る事ができますので、縁が切れるという事で縁起が良くないとされています。

台所用品を引き出物として贈る事は多い様ですので覚えておきたいですね。

他にも食器など割れる物も縁起が良くないと言われています。

しかし、最近ではこの様な風習をあまり考慮しない人もいます。

割れ物は結婚式場から持ち帰る際に重く割れると困るので贈らないという人もいますし、グラスなどはおしゃれで友達が来た時に使えるという事で贈る人もいます。

縁起に関して知っておくと選ぶ際に参考にできそうですね。

Read more

大勢の人が集まるウェディングよりは、少人数で行うウェディングの方が引き出物を選ぶ際に選びやすいのではないでしょうか。人数が少ないと、それぞれの人に合った引き出物を選びやすいですね。

紙袋に結婚式の引き出物を入れてすべての人に同じ物を贈る事が多いと思いますが、中には人の好みやライフスタイルに合わせて違う物を贈る事もある様ですね。

きっと満足してもらえそうです。更にメッセージを書いたカードを添えて贈るなど、一人一人に気持ちを込めた物を贈る事も可能でしょう。大勢の場合には、そこまで手が回らなくなってしまう事もあるでしょう。その場合には、どんな人でも使える無難な物を送ってしまう人もいる様です。

Read more

引き出物とは結婚式に参加してくださった列席者へのお返しとして渡すものです。

その金額にはだいたいの相場があり、上司、同僚、友人、親戚などによって異なります。友人への引き出物の相場は3,000円ぐらいが一般的です。

一般的な引き出物には、カタログギフトや引き菓子、食器類、ハートカップなどがありますが、やってはいけないタブーが一つあります。それは、自分たちのイニシャル付きの食器やハートだらけのものなど、もらった後で使いにくいものを引き出物にすることです。

引き出物のタブーとされているガラスや食器などの割れ物や包丁などの刃物は仲が壊れるや縁が切れるなどと言われ避けられていました。

最近では食器類も引き出物のタブーと気にすることもなくなっているようです。

Read more

皆さんも経験があるかもしれませんが、リングを指にはめて抜けなくなってしまったという経験はありませんか。

実は結婚指輪においてもその様な事はありがちです。

もしも、大切な結婚指輪が指から抜けなくなってしまった時にはどの様にして対処すればいいでしょうか。つい焦ってしまいがちですが、焦る必要はありません。

いくらか試したい方法があります。まずは、力を抜いて指を軽く曲げて抜いてみてください。指がむくんでしまったという人は、指を心臓より高い位置に上げてしばらくすると、少しむくみがおさまる事もあるみたいです。

また、すべりをよくするためにハンドクリームなどを塗ると抜けやすくなります。それでも無理な時は糸を指に巻いて抜くといいそうです。少しずつ抜く様にするといいそうです。

Read more