カテゴリー別アーカイブ: 引き出物

はやりと引き出物

以前の結婚式と言えば、やはり伝統を重視する事が多かったかと思います。

しかし、最近では引き出物においても時代と共に流行が取り入れられる事も増えてきました。

全体的なはやりの傾向としては、実用的でおしゃれな物が引き出物として流行しているという風に感じます。グラスが引き出物に取り入れられるなど、伝統からは大きく異なる流行のアイテムもあります。

一部の新婚夫婦は、できるだけ今風のスタイルで挙式を行いたいと考えている人もいるのではないでしょうか。面倒な事などは簡略化される傾向にあり、気軽に楽しめるスタイルを希望する人もいる様です。

そして、これからの時代もまた変化があるのではないでしょうか。

宅配で引き出物を届ける

ここ何年かは宅配で引き出物を届ける人が増えています。

これは挙式を挙げるカップルにとっても、また参加するゲストにとってもいい事が多いと思います。宅配で引き出物を届けるのであれば、挙式を挙げるカップルは当日に物が届いているか、など荷物に関する心配をする必要はありません。

そして、結婚式場に持ち込まないので、外部のお店で買う事もできます。

そして、サイズが異なる物でも贈り分けできるでしょう。ゲストにとっては、宅配で引き出物を届けてもらえると、悪天候でも荷物を持ち帰る煩わしさから解放されます。

遠方であっても、困る事はありません。また持ち帰る際に破損する心配もないかと思います。

贈られてうれしいお菓子の引き出物

きっとお菓子を引き出物として贈られるとうれしい気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

引き出物として贈られるお菓子は賞味期限が比較的長い物が多いので、きっと食べきる事ができるでしょう。置き場所や持ち運びなどに困る事がなく、どんな人でも楽しむ事ができるので引出物としてはふさわしいと言えるでしょう。

引き出物として贈られる物の中には贈られても使い道がなく困るという物もあります。しかし、お菓子であれば一人暮らしをしている人でも自分だけで楽しむ事ができますし、家族がいるならみんなで分けて食べる事もできますね。小分けになっている物が多いので一度ですべてを食べきる必要はないので、とても便利ですね。

このようにどんな人でも使う事ができる引き出物は贈った時に喜ばれる事が多い様ですね。

引出物はカタログギフト

引出物をもらったが、使わなくて処分に困っているという物をもらった経験はないでしょうか。

結婚式の記念品として頂く引出物ですが、趣味や好みが合わなかったり、実用的でない物は正直迷惑になることがあります。処分に困ってリサイクルショップに売る人もいるようです。せっかくの贈り物なのに悲しいですよね。

最近は、カタログギフトで必要な物を注文してもらう形式の引出物が増えているようです。

カタログギフトなら、温泉や体験できるものから美味しい食事、商品まで幅広く用意されています。ですから、どの年代にも必ずマッチする商品が見つかるのではないでしょうか。

夫婦に渡す引き出物

時には夫婦2人を挙式のゲストに呼ぶ事もあるでしょう。その際には、引き出物に注意する必要があります。2人がそれぞれお祝儀を出してくれる事もあります。ですので、夫婦で一つではなく、それぞれに引き出物を贈る様にしたいですね。

そうすると不満が出る事もないでしょう。同じ物が2つあっても使わない事もありますので、その場合には、それぞれに別の物を引き出物として贈るのもいいかと思います。引き出物の値段に差が出ない様にするなど、納得してもらえるかどうか考えたいですね。

すべてのゲストにとって良くなる様に考えた上で引き出物を贈る事で、これからもきっといい付き合いを続ける事ができるでしょう。

引き出物選びと結婚式場の縁起に気をつけよう

縁起がいい物が用いられる結婚式場において、縁起の良くないと言われている物を引き出物として贈る事がない様に気をつけたいですね。

刃物は物を切る事ができますので、縁が切れるという事で縁起が良くないとされています。

台所用品を引き出物として贈る事は多い様ですので覚えておきたいですね。

他にも食器など割れる物も縁起が良くないと言われています。

しかし、最近ではこの様な風習をあまり考慮しない人もいます。

割れ物は結婚式場から持ち帰る際に重く割れると困るので贈らないという人もいますし、グラスなどはおしゃれで友達が来た時に使えるという事で贈る人もいます。

縁起に関して知っておくと選ぶ際に参考にできそうですね。

引き出物とウエディング

大勢の人が集まるウェディングよりは、少人数で行うウェディングの方が引き出物を選ぶ際に選びやすいのではないでしょうか。人数が少ないと、それぞれの人に合った引き出物を選びやすいですね。

紙袋に結婚式の引き出物を入れてすべての人に同じ物を贈る事が多いと思いますが、中には人の好みやライフスタイルに合わせて違う物を贈る事もある様ですね。

きっと満足してもらえそうです。更にメッセージを書いたカードを添えて贈るなど、一人一人に気持ちを込めた物を贈る事も可能でしょう。大勢の場合には、そこまで手が回らなくなってしまう事もあるでしょう。その場合には、どんな人でも使える無難な物を送ってしまう人もいる様です。

引き出物のタブーと相場

引き出物とは結婚式に参加してくださった列席者へのお返しとして渡すものです。

その金額にはだいたいの相場があり、上司、同僚、友人、親戚などによって異なります。友人への引き出物の相場は3,000円ぐらいが一般的です。

一般的な引き出物には、カタログギフトや引き菓子、食器類、ハートカップなどがありますが、やってはいけないタブーが一つあります。それは、自分たちのイニシャル付きの食器やハートだらけのものなど、もらった後で使いにくいものを引き出物にすることです。

引き出物のタブーとされているガラスや食器などの割れ物や包丁などの刃物は仲が壊れるや縁が切れるなどと言われ避けられていました。

最近では食器類も引き出物のタブーと気にすることもなくなっているようです。

引き出物の費用

結婚式についてはできるだけ安くしたいと考える人も多いみたいですが、引き出物については安い費用の物を選んでしまうと、不満が出てしまう可能性もありますので、適当な費用の物を引き出物として選ぶ様にしたいですね。

最近では、もらった引き出物の費用をインターネットで調べる事も可能ですので、安い物は失礼になる事もあります。お祝儀をいただく事になりますので、引き出物を選ぶなら妥当な費用を考えたいですね。

引き出物の費用の相場などは、プランナーが詳しいかと思います。また、その土地の風習なども影響している事もあります。商品のピックアップでゲストをがっかりさせてしまうという事はない様にしたいですね。

結婚式で贈りたい人気の引き出物

ここ何年かで、結婚式で贈りたい人気の引き出物としてカタログギフトがあります。
結婚式に呼ばれる機会が多い人であれば、カタログギフトを引き出物としていただく事も多いと思います。

結婚式で贈られる引き出物に選ばれるカタログギフトは価格帯も似通っている事が多いので、いつも同じ様な商品になってしまう事もあります。

そこで、結婚式のゲストの好みを考えて、少しユニークなカタログギフトを引き出物としてピックアップすると、見た事ない商品ばかりで選ぶのが楽しいと思います。
きっと印象に残るのではないでしょうか。

結婚式でもらうカタログギフトの引き出物はもう飽きてしまったという人にもおすすめです。

引き出物としてお米を贈る

日本人であれば、お米は主食であり購入する機会も多いと思います。ですので、お米を引き出物として贈るのもいいかと思います。引き出物としては、使えなくて、置き場所に困る物は避けたいという意見もありますが、お米と引き出物として贈ると消耗品ですのでその様な問題はありません。毎日食べる物ですので、助かりますね。

しかし、重たいので、手渡しで引き出物を贈るのではなくて、後日家に配達で届けてあげるといいかと思います。お米を引き出物としていただくと、喜んでくれるのではないかと個人的に思います。祝い事における贈り物ですので、高級志向の物をピックアップして、きれいに包装すると満足度はさらに高くなりそうです。