引き出物

場合によってはお米などが引き出物として贈られる事もあると聞いた事があります。この様に重い物を引き出物に贈ると、ゲストは自宅まで自分だけで持ち帰る事ができない事も多いに考えられます。

どうしても重い物を引き出物として贈りたい場合には、結婚式場で手渡すというのではなくて、後日自宅に届けるといいと思います。ゲストの自宅に直接引き出物を届ける事ができれば、引き出物として贈る事ができる物の選択肢はかなり広くなるのではないかと思います。

重い物だけでなく、ビッグサイズの物も問題ないでしょう。贈りたい物があるのであれば、簡単に諦めてしまわないで、贈り方を変える事で、実現できるかもしれませんね。

結婚式の引き出物・カタログギフト情報

引き出物で一番人気はこれです

引き出物は結婚式の印象を決めると言われるほどとても重要な品物となります。結婚式の予算によって渡す品の予算が決まってきますし、趣味趣向がバラバラなゲストが全員満足する品を選ぶのはとても難しいです。どのような品にするか迷っている新郎新婦におすすめなのがカタログギフトです。

カタログギフトはウエディング用があり、価格設定が細かくされているので予算に合わせる事もできます。掲載されている商品もたくさんありますので、趣味趣向がバラバラなゲストでも自由に好きな物を選択することができます。小さい本になっているので、持ち帰りやすく荷物にもならないのでとても人気があります。

記憶に残る引き出物を

すぐに忘れ去られてしまう引き出物というのは、寂しく感じられます。引き出物を贈るからにはいつまでも記憶に残る様な贈り物をする事ができればいいでしょう。

中にはインパクトがある物を引き出物に選ぶ人もいます。名入りの引き出物を作る人もいます。

引き出物は細かく決まっている分けではありませんので、個性的な物にする事もできます。どんな物がいいかという事は、自分達のアイデアによる部分もあります。

ユニークな物もありますので、他の人のアイテムなどを参考にしながら考えてみるのもいいでしょう。来てくれるゲストが驚いたり、喜んだりしている所をイメージしながら商品選びをしている人も多いでしょう。

手提げ袋が必要な引き出物

そのままの状態で引き出物を手渡すと持ち帰りにくいですし、また雨が降ってしまうと濡れてしまいますので、引き出物を贈る際には、手提げ袋が使用されています。

引き出物を入れる手提げ袋については、多少重たい物や大きな物でも対応できる様に作られています。

また、少し程度の雨であれば、問題なく引き出物を持ち帰る事ができる様になっています。専門店などであれば、いくつかの種類から自由に選べる事もある様ですので、好みに応じて決定するといいでしょう。

また、宅配を利用して引き出物を届ける際には、手提げ袋ではなくて、段ボールが使用される事が多い様です。どの様にして届けるかという事にも注目しましょう。

結婚式の引き出物のうどんセット

一般的に結婚式の引き出物はメインとなる引き出物(カタログギフトや食器)、引菓子(バームクーヘンや紅白饅頭)、縁起物(赤飯や昆布)の三品です。最近ではメインの物はカタログギフトが多いです。そこで、相手方に喜ばれるようにこだわってみてはいかがですか?そのなかで縁起物として鰹節を入れることがありますが、お年寄りからお子さままで、年齢を問わずに食べられるうどんセットをおすすめします。

中身はうどん、鰹節、めんつゆが入っていて、手間なく食べられることができます。二人の生活が太く長く続くように、という願いが込められています。引菓子と合わせて、賞味期限に注意したほうがいいでしょう。

遠方からの出席者もありがたい引き出物の宅配

結婚式の引き出物は、出席者にとって楽しみのひとつです。しかし、大きな袋を抱えて二次会に行ったり、電車や飛行機に乗るのは大変です。そこで最近注目されているのが、自宅宅配です。会場では出席者に手渡さず、出席者の自宅に直接送ることができます。

これにより、手渡しだと敬遠したくなる大きめのお菓子や割れ物の食器類、重たいものも気兼ねせずに贈ることができます。また、宅配引き出物を専門に扱う店もあり、ネットショッピングで商品を選んで注文することもできます。

大規模な結婚式だと参列者が百人前後のことも珍しくありませんが、大量注文で割引になるところも多いです。このように、新郎新婦と参列者両方にメリットがあります。