ウエディングプランナーというお仕事

結婚式場のウエディングプランナーは、その名の通り結婚式のお手伝いをしてくれるスタッフさんのことです。基本的には一つの挙式に対して一人の担当者の方がつきます。

どういった式にしたいのか、どういった流れにするのか、どういったドレスにするのか、招待客の人はどういった人が多いのか…様々な面からお二人の式を支えるのがお仕事です。

とてもやりがいのあるお仕事ですし、幸せな2人を近くで見ることができるお仕事でもありますので沢山の人を笑顔にできる仕事に就きたいを思っている人にはピッタリのお仕事だと思います。こちらのお仕事に就くために特殊な資格は特に必要ありません。

ウエディングプランナーの勤務地はどこなのか

結婚式を挙げるカップルのためにウエディングプランナーが行う仕事には、トータルコーディネートなどの業務があります。勤務先は、ホテル、結婚式場、レストランなどです。

公的な資格はないので、免許などもなく、各勤務先によって給与体系なども違います。しかしどの勤務先でも仕事内容はほとんどかわず、同じような仕事を行っています。

公的な資格がないので、呼び方も各勤務先によってことなり、ブライダルプランナーやブライダルコーディネーターなどと呼ばれることがあります。ウエディングプランナーとあまり差異はなく、仕事内容も結婚式のトータルコーディネートなどがあります。

ウエディングプランナーは疑問点を解決してくれます

結婚を考えているカップルの悩みを解決するために、ウエディングプランナーは結婚式をコーディネートする業務を行っています。結婚式は、多種多様でカップルの意思を尊重しながらプランを練っていきます。

しかし結婚式を初めて行うカップルがほとんどなので、結婚式場の会場決めや、料理、引き出物など決めることが多い結婚式では、どれから決めていけばよいのかわからないことが多いです。そのような疑問点を1つずつ解決していってくれます。

どのような結婚式の形でも対応することが出来るので、とても思い出に残る結婚式を挙げることができるように手助けをしてくれます。

ウエディングパーティーの幹事になったら

友人が結婚式の後に二次会をするという場合にはもしかしたら自分が感じを任されることがあるかもしれません。もし幹事に任命された時にはどういった風に進めていけばいいのでしょうか?

まず基本的には幹事は新郎側から2名ほど、新婦側から2名ほど選ばれることが多いです。そのためまずは幹事になった人たち同士でコンタクトを取ることが大切です。

最初は新郎新婦に間に入ってもらってやり取りをしていきますが、サプライスなどをやろうとなった時などに2人にいてもらっては困るので、最終的には自分達だけで集まることができるような集まりにしていきましょう。当日はウエディングパーティーで楽しくなってしまいますが、飲みすぎに注意しましょう。

Comments are closed.